斜めがけカバンを風呂敷で作る

風呂敷は出張用カバンの中にいつも入れてあります。

着替えなどカバンを開けた時に人に見られたくないものを
包んだりする他、お土産や出張先での小物入れに重宝します。

斜めがけ

風呂敷は包み方次第でいろいろな
大きさや形のものを包めるのですが、
それだけだと手さげバッグ程度の
大きさにしかなりません。

二枚用意して、1枚をバッグ部分に
もう一枚を肩ひもにして斜めがけに
することもできますが、オススメはカバンの
ストラップと風呂敷の端をつなぐ方法です。

バッグのベルトどちらも不要な時は邪魔になりませんし
大きなメインカバンを抱えている時は
斜めがけにして手が空いた方が
何かと便利です。

使う風呂敷の材質は絹やナイロン生地
よりも綿素材のものがいいです。

ナイロンだと重たいものを入れたときに伸びてしまうし、
自分用に激しく使うので汚れても洗濯しやすい綿がおすすめです。

大きさは包むものによりますが、あまり小さいと入るものが
少なすぎるので、大判が応用が利いて使いやすいです。