風呂敷づくりのこと

個性を活かす

テキスタイルや、布でできた製品が大好きです。
特に木綿や麻のしゃらんとした質感。
毛糸のふわふわとした毛足の感じ。

大好きや生地や柄はたくさんあるんだけど、でも
せっかくだったら、自分だけの、世界に一つだけのものを
作りたいと思いました。

そこで、調べてみたら、ふろしきができるみたい★
子供たちの思いでや、自分だけの楽しみを実現する
風呂敷を作ってみようと思います。

素敵に

風呂敷といえば、四角いただの布ですが、とっても便利なんです。

包み方次第で、ブックカバーにも鞄にもなる。
日本人のならではの代物だと思います。

ちょっと荷物がふえたから、さっと風呂敷を出して
ショッピングかばんをつくるって素敵ですよね。

風呂敷づくり:思いで

ふろしきに何をプリントするか。
せっかくなので、子供たちのものをふろしきにしたいと思います。

想い出の

思いでになるものや、記念になるものをふろしきで作れたら、
保育園アイテムもちょっとまわりとひと味違うものにもなるし。

そんな下心から・・・ふろしきはこどもたちの何かで作ろうと思います。

子供のイラストが入ったテキスタイルって、子供も喜ぶし、
大人だってなんだか自慢げです。
最近では家で印刷できる生地も売っていますので、
子供のお気に入りのイラストをうまく使って
可愛い風呂敷に仕上げたいと思います。

お気に入りの

風呂敷づくり:つくる

簡単に

ふろしきを作るには、一番簡単な方法は、ふろしき屋さんで、
オーダーを受け付けているところを 探すことです。
そのほかには、プリントした生地を自分でみしんをかける方法もありますが、
ちょっと面倒臭いです。

費用があまりかからず、簡単な方法としては・・・。
ふろしきの通販サイトなどで、無地のふろしきを購入してそこにパソコンから
転写プリントする方法。
これなら自由に柄が選べるし、自分でできて簡単!

作る

また家で制作できるので、急ぎの場合にも便利です。
他にも、最近では布用のクレヨンがおすすめです。
生地を広げて子供と一緒にお絵かきもいいですね。
楽しく作って、嬉しげに使う。
子供への満足度もきっと高いです。