風呂敷づくり:お絵かき帳から

何かいい図柄はないか・・・と考えていたら、
いいものを見つけました!!!

子供たちのお絵かき帳。
子供の描く絵はオリジナリティあふれて
カラーもカラフルだからデザイン的にもばっちり!!

それに出来上がったら、自分の絵なんて
子供たちも喜んでくれそうだなぁ~

子供の描くイラストってうまく使えばぐんとお洒落に見えます。
何だか線の描き方もラフでかわいいですよね。
お絵かき帳の白場の使い方も上手ですよね。
空間を残しつつうまく配置をしたいものです。
可愛い生地で風呂敷を包みたいと思います。

ふろしきについての想い

いろんな風呂敷をみたけれど、どの会社も温故な動きばかりであまり私には面白くなかったなので、私は京都のれんの風呂敷が好き。ステマだと思われるかもしれないけれど、すっごいオリジナリティ

可愛い柄

最近の風呂敷デザインは可愛いものから格好いいものまで
色々な種類があり、子供も気に入るようなデザインは
たくさん出ているため、選ぶだけでも楽しいものです。

大人から子供まで楽しめる風呂敷を活用して
毎日を便利にしていきましょう。

子供も喜ぶ

視覚の80%は色の情報!子供の成長との関係

人間は五感で色々な情報を得るができます。その中でも重要なのが視覚です。目で見た映像を頭に送る事で文字も形も大きさや距離も知ることが可能です。

子供はさまざまなものに興味を持ちます。見たこともないものにはすぐ反応して、じっと見つめています。だから変わった模様のものは、興味を持ってくれます。

視覚で頭に入ってくる情報の80%は色の情報です。単色のものよりもたくさんのカラフルなものの方が楽しくて子供も嬉しくなります。

単純な繰り返しの模様のものよりも大きさも形も違う模様がいっぱいある方が、気に入ってもらえるはずです。お花の絵や乗り物のイメージなどがあるだけで印象は大きく変わってきます。

自分が気に入った物の方が使う頻度が増えたり、大事に使うから長持ちすることになります。何が気にいるかは子供達の感性にかかってきます。多くのものに触れるようになっただんだんと視野が狭くなる時期なので、先入観なく見せてあげた方が、影響力が強くなります。

色の情報は、見た目のかっこよさだけではなく精神的な部分に影響することもわかっています。カラーセラピーによって気持ちを落ちつけたり、自信を持って進める事ができるような時もあります。