Furoshiki wrapとは包むということ

Furoshiki wrapと言うのは聞きなれない言葉ではありますが、シンプルに直訳すると荷物を包むことに他なりません。日本ではお馴染みのその仕草が、海外に文化事輸出された表現がFuroshiki wrapになるのです。

現在はインターネットサイトでFuroshiki Wrap Companyの活躍を、リアルタイムでチェックすることが出来ます。ダーウィン的な進化論を感じさせる絵柄や、
ゴーギャンやダリなどの印象派風絵画の絵柄まで、幅広く取り扱われているのが特徴です。

Furoshiki Wrap Companyでは伝統的な和柄も扱っており、小紋柄などの伝統色を見ることが出来ます。唐草や麻の葉などをアレンジしていたり、青海波などの幾何学模様を使っているなど伝統を踏襲しながら、新しい文化を生み出しているのです。

マーブル模様

イギリスは日本の美意識にも似ており、外套やスーツはシックにしていても、裏地をとても強くて派手な配色にしたり、中に着るシャツを
原色にするなどの日本でいう所の傾奇者の性質を持っているのが特徴になります。

正しく風呂敷の文様やアレンジは傾奇者に通じており、スコットランドなどのケルトやアラン模様など共通じる様式美を備えているのです。

Furoshiki wrapの定着

Furoshiki wrapの見本がFuroshiki Wrap Companyでは解説されております。
一枚の正方形や長方形の布を使うことで、お弁当から瓶まで包んで安全に運ぶことが出来ることをアピールしているのです。

日本では若い世代では風呂敷を十全に使える人の方が珍しくなりましたが、遠く
離れた異国では逆に面白がられて風呂敷を使う人がいることになります。

製品を購入するとカバーレターが付属されており、中を開けると感謝の言葉と一緒に風呂敷の使い方が図によって描かれているのです。Furoshiki Wrapの良いところは、自分自身が道具に使うだけではなく、話の種にもなりますし、一枚の布を通じて日本に興味を抱くきっかけになることにあります。

Furoshiki wrapが物を包んで運ぶことだけではなく、包装紙代わりにプレゼント
ごと相手に渡すなど、使い方はその人のセンスと価値観によって変化します。

デニム生地日本人が英国のニットウェアを好んだり、米国のデニムパンツを愛用するように、海外でFuroshiki wrapが人気になったり定着することが物を通じた異文化交流になります。

スーツとドレスシューズの国で風呂敷が愛好されることは、日本人にとっても誇らしい出来事です。

こんなにあるの?風呂敷の素材と取り扱い方

風呂敷というと古臭いというイメージを持っている人も
いるかもしれませんが、時代に合わせて使われている
素材やデザインなども進化していて、オシャレに
使えるものもたくさんあります。

昔ながらの素材である絹や綿を使ったものや
ポリエステルやレーヨンが使われたもの、
これらの素材をうまく混合したものなど様々です。

風呂敷に使われている素材によって、洗濯や手入れの
違いもあるので使用するときには何で作られたものなのかを
確認しましょう。手入れの仕方

例えば絹で作られた風呂敷は、光沢があり軽くて
しなやかに使えるのが特徴です。

ただ水にぬれてしまうと縮んでしまう特性もあるので、
洗濯をするときにはドライクリーニングをし
アイロンをかけるときも中温で当て布をして、
裏側から当てていく必要があります。

風呂敷の中でも使いやすいのが綿で作られたものです。

吸収性もよくて、豪華な雰囲気のある西陣織や
中国の天山地方で作られている天山綿など
いろいろな折り方で作られて物がたくさんあるのも
特徴です。

綿は洗濯も家庭にある洗濯機で普通にできますので、
取り扱いが簡単で便利に使うことができます。洗濯の注意点

洗濯するときの注意点ですが、色落ちしてしまうものも
あるので気を付けたほうが良いでしょう。

レーヨンは絹などと組み合わせて作ることができるのが
特徴です。絹と同じで濡れてしまうと縮んでしまうので
気を付ける必要があります。

ポリエステルで作られた風呂敷は、肌さわりもよく
丈夫なのが特徴です。

しわになりにくくて、水にぬれても大丈夫なので、
様々な場面で気軽に利用することができます。

価格もほかのものと比べると比較的安価で
売られているので、買いやすいというメリットもあります。

このように風呂敷にはいろいろな特色があるので
場面によって使い分けていくとよいのではないでしょうか。

ただ単にモノを包むだけでなく、エコバッグと同じように
使えますし、お酒や果物などいろいろなものを運ぶのにも
便利です。

斜めがけカバンを風呂敷で作る

風呂敷は出張用カバンの中にいつも入れてあります。

着替えなどカバンを開けた時に人に見られたくないものを
包んだりする他、お土産や出張先での小物入れに重宝します。

京都のれんの風呂敷

風呂敷は包み方次第でいろいろな
大きさや形のものを包めるのですが、
それだけだと手さげバッグ程度の
大きさにしかなりません。

二枚用意して、1枚をバッグ部分に
もう一枚を肩ひもにして斜めがけに
することもできますが、オススメはカバンの
ストラップと風呂敷の端をつなぐ方法です。

バッグのベルトどちらも不要な時は邪魔になりませんし
大きなメインカバンを抱えている時は
斜めがけにして手が空いた方が
何かと便利です。

使う風呂敷の材質は絹やナイロン生地
よりも綿素材のものがいいです。

ナイロンだと重たいものを入れたときに伸びてしまうし、
自分用に激しく使うので汚れても洗濯しやすい綿がおすすめです。

大きさは包むものによりますが、あまり小さいと入るものが
少なすぎるので、大判が応用が利いて使いやすいです。